2005年09月23日

久々ですぅ〜...A=´、`=)ゞ

2005年9月10日(No,3).jpg2005年9月10日(No,9).jpg2005年9月10日(No,10).jpg

最近...特に、悪戯が激しく成ってきてるぅ〜〜〜(_□_;)!!⌒o(-_- )ヤレヤレ( -_-)o( ̄口 ̄;)ガーン!ドッコイショ!!

ナカナカ...新しいご家族との巡り逢いが無ぃんで、私で『仮名』をつけちゃおォかな(;⌒⌒?って思ってるの♪

キジトラkunは...「コテツ」

ロシアンkunは...「アントニオJr」


[壁]ー ̄)ニヤッ( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤーーーーーリッ!!

ニックネーム SNOW at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニャンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の察し力に...脱帽( ̄^ ̄ゞ

花子(2005年7月1日:No,3).jpg

大字の旅立ち後。。。

今年、12歳に成る『柴犬:花子』が入院した☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック!!

どちらかと言うと、大字の方が花子に夢中(殆んど、我が妻の様な慕いよォ)だったのに、大字の最期に気付いたのか?同時に嘔吐を2度もして居た・・・。

老齢・・・そして、柴犬特有の皮膚の色素沈着(副腎皮質ホルモン?) etc で通院をして居りましたが、全く食餌を食さ無い...動か無い...多飲多尿...etc が有り、再度、診察をして頂いた。
“血液検査”では、『WBC(白血球数)』が減少し、《肺血症》の疑いが大。。。
食欲減退による『低血糖』『削痩』etc 緊急にOPが必要との事で、運良くお昼のOP(多分、不妊OP)がキャンセルに成って居り、そのまま入院と成った( ̄(エ) ̄|||

もォ。。。頭の中は真っ白!
何んにも手につかない状態。。。

But,未だ、他にも護らなきゃなんない子達がたくさん居る!
落ち込んでばかりは居られない( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω−)


ニックネーム SNOW at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悔しい。。。

大字(No,2).jpg大字(2005年7月1日:No3).jpg

『ワンchan』や『う〜SAN』『チンチラ(齧歯類)』のブログを追加しよォと思いつつ...ナカナカ出来ずに居たんですが。。。最初に作成したのは、悲しい事に『訃報』をお知らせする事と成ってしまいました(ノ◇≦。)

ワンchan達(4人)の中でも、一番若く...やんちゃ坊主で...煩い位に元気ハツラツだった“大字(マルチーズ・男の子)”が、享年5歳4ヶ月半と言う短い生涯を終えました。。。
それも、原因が解ら無いまま・・・アッと言う間の出来事でした。

夕方の散歩から帰宅後、いつも通りお水は飲んだものの・・・食事は一切口にせず。。。
何よりも『吠える』と言う事が無く成りました。

一番小さいクセに、気は強く、他のワンchan達(柴犬・ハスキー系雑種意・猟犬系雑種)よりも態度はデカく、散歩中に出逢った大型犬にも怯む事の無い...そんな性格でした。

私達の携帯音が成ると、一緒に成って歌う。。。そんな陽気な部分も有りました。

そんな子だっただけに、異変は直ぐに解りましたので、緊急で動物病院
連れて行き、【血液検査】【レントゲン】etc 行って頂きました。

レントゲンは・・・内臓も骨もシッカリして居り、異常無し。
血液検査では・・・高熱にも関わらず“WBC(白血球)”の数値は正常範囲内でしたが、“CRP”の『20 OVER』がとても気に成りました!

結局、原因不明で、その晩は『補液』と『抗生物質』の投与を行って頂き、帰宅致しました。

・・・が、翌朝、処方された“ブドウ糖”を1cc...ゆっくりと飲ませて間も無く、痙攣を短時間ですが起こし、治まった頃、眠る様に呆気無く旅立ってしまいました。。。

私も母も、そして妹も・・・後悔と自責の念に駆られて居ります。
「あの時、無理矢理にでも入院させて居たら...助かったんぢゃ無いか?」
「もっと他に方法が有ったんぢゃ無いか?」
etc etc ・・・
原因が解ら無い為に、余計に辛らい想いが過ぎります。

『解剖』をして頂いて、《原因究明》を・・・とも思いましたが、やはり切り刻んで...これ以上苦しい想いをさせたくは無い!との強い希望が一致し、荼毘に臥せました。

本当。。。何んだったんだろォ???
きっとこれは、一生解ら無い課題と成ってしまいました。

大字は、《虹の橋》で待っててくれてるだろォか。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。
ニックネーム SNOW at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

【重要】猫大量騙取事件に対し、厳罰を求める署名を致して居ります。

<“M.Kによる猫里親詐欺事件”をご存知ですか?>
平成16年11月当時「いつでも里親募集中」に猫を掲載されていた方は、サイトから発信された「大阪市内でM.Kという若い女性が大量に猫を集めている」との注意情報をご記憶のことと思います。この件はその後の地道な被害の掘り起こしで、この女性が僅か2ヶ月半の間に17匹の猫を9人から入手していたことが判明しました。その他にも1匹・5匹・4匹の猫が、このM.Kのワンルームマンションの部屋で数人に目撃されていますが、数日後に行った人は見ていないなど、持ち込まれては姿を消しているのです。 渡したが最後、逢わせて欲しいといった人にも、返還を求めた人にも全く応じないため、これらの猫たちがその後どうなったのか、生死さえも全く不明です。

<残されたメールが騙し取りの証拠になった>
M.Kが子猫の里親候補として名乗りを上げメールをやり取りしたのは、被害者9人の外に同時期に里親探しをしていた「猫を渡さなかった7人」がいます。これらの人達の分も含めて、パソコンに残っていたM.Kからのメールを比較検討しますと、そこには共通して「あなたの猫は、私が子供のころ寝食を共にして可愛がっていた猫にとても似ていて、思わずメールさせていただきました。」「幼少の頃から成人するまで、実家で7匹前後の猫ちゃんを飼っていました。」「終生の家族として猫ちゃんを迎えさせていただければ大変嬉しく存じます。」等の文言が書かれていました。丁寧な言葉づかい、里親探しをする人の気持ちを熟知した、行き届いた文章です。しかしよく調べてみますと、3匹も入手したその当日にさえ、同様のメールを複数の人に送っていたのです。(*お心当たりの方は情報提供をお願いします)

<集団提訴・告訴の意味・・・メールと証言を集めて、初めてその虚偽性が浮き彫りに>
最初から騙し取る目的で善良な里親を装い、言葉巧みに信じ込ませながら取り込んでいく巧妙な手口。自分に来たメールと優しい声の電話しか知らない被害者各人が、M.Kの裏の顔を見破れなかったとしても無理からぬ事でしょう。とはいえ真の犠牲者は物言えぬ哀れな命です。この事で被害者は自らを責め、苦しみました。しかし8人(14匹)はそれを乗り越え、新たな犠牲を防ぐため、8月3日大阪地裁に返還と慰謝料を求める民事訴訟を起こし、同時に詐欺容疑で大阪地検に告訴状を提出しました。

<返して欲しい。たとえどんなにボロボロの姿になっていても・・・>
 被害者の一人が提訴後の記者会見で発した言葉です。これこそ被害者全員の悲痛な叫びなのです。告訴状において両弁護士は、実に理路整然とM.Kの騙し取りの犯罪性を展開して下さいましたが、それが検察に正当に評価されるかどうか。やはり「たかがノラ猫」「詐欺といえる財物的価値があるのか」とされかねません。M.Kは既に転居しており、行方の捜査を促すためにも、世論の意志を示す「署名」が必要なのです。

「里親詐欺」は、不幸の淵から保護されてやっと幸せをつかもうとした小さな命を、再び不幸に、いいえ、さらなる恐怖に引きずり込む魔の手なのです。痛ましい犠牲をそのまま諦めてしまっていいのでしょうか。「許せない!」「次の犠牲は出させない」と思う人、署名にご協力を! 署名用紙をプリントアウトし、下記宛に郵送して下さい。
送り先・〒553-8512  大阪市福島区福島1−1−60
                  大阪地方検察庁 特捜部 御中
          *注(必ず封筒の上書きに「猫大量詐欺事件」と書いてください)



http://satoya-boshu.net/mk/

ニックネーム SNOW at 16:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 緊急SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

テェヘンダァ!!ヾ(゜ロ゜*)ツ三ヾ(*゜ロ゜)ノタイヘンダァ!!

2005年9月4日(No,9).jpg2005年9月4日(No,3).jpg2005年9月4日(No,7).jpg
色んな事が有り過ぎて...ブログ更新を
随分とサボッてしまいました...A=´、`=)ゞ
閲覧して下さってる皆SAMA...
大変申し訳御座居ません<m(_ _)m>

ニャンchan達。。。
最近では、カーテンレールを歩く迄、やんちゃ振りを
発揮致して居ります☆ヾ(−Θ−;)ぉぃぉぃ

母猫chanは、身軽に成ったせいか(?)カーテンレールや
エアコン...柱...etc 登って遊んで居ります。
甘え方も、仔猫達よりも激しく成りました。
But,引っ掻き傷が絶えず、アレルギーの有る私は
日々、闘いです(/≧◇≦\)アチャー!!

キジトラkunは、生後4ヶ月にしては成長し過ぎてて...
生後6〜7ヶ月位に間違えられる位です。
(3kgに成りました。汗)
母猫よりもゴッツイです...A=´、`=)ゞ
その分、力も強く、ハカイダーと化して居ります。

ロシアンkunは、食欲旺盛なクセにやっと2kgと
成ったので、最初は「成長不良?」と心配致しましたが、
獣医SAN曰く、「この子が普通」との事。
一番小さいクセに、気は強いです。
・・・が、相変わらずの甘えん坊で、私のお膝が大好きです。

今後の予定は...
9月11日(日)にペットショップ内にて...
25日(日)ホームセンターにて(←こちらは未定)...
里親会へ参加する予定です。

ポスターの反響は、一切、有りません!!
||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||
・・・が、妥協は致しませんよ!絶対!!!
ニックネーム SNOW at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニャンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆彡白黒chanのご家族決定☆彡

2005年8月22日(No,5).jpg

本日、白黒(中〜長毛系)の男の子の里親SAMAが決定致し、
引き渡しが無事に終了致しました。

とてもお優しそォな御夫婦で、ニャンchanとの生活の
ご経験も有り、ニャンchanが大好きで、私の譲渡契約内容も
ご了解の上での。。。とても有難い御縁と成りました。

But,やっぱり嬉しい反面、淋しさも込み上げてきますね。
ニックネーム SNOW at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪〜里親SAN決定〜♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念なお知らせです。

野良犬.jpg


ご心配お掛けしてしまっておき乍ら、ご報告が遅く成ってしまい、
大変申し訳御座居ませんでしたm(_ _)m
9月1日、あのワンchanの面会に行き、担当医からの経過報告も伺いました。

その上で、キツイ決断を早急に下さないといけないと思いましたので、保護してくれた友人に
連絡を致しました。

『安楽死させてあげた方が良いと思う。』
これが、話を聞いて...ワンchanの様子を見て...私が思った結論だったんです。

老齢により椎間板が磨り減り、脊椎が曲がってる事。。。
衝撃により胸椎と腰椎がヅレてる事。。。
股関節がズレてる事。。。
下半身不随で、自力で排尿が出来無い事。。。
精巣に腫瘍が有る事。。。
削痩してる事。。。
ってのは、保護した当日に解って居た事です。

その後の検査 etc で、瞳孔の大きさが左右異なり、脳を打ってる可能性が大な事。
ペニスの先にも膿が有り、血尿が出てる事。
左後肢の股関節には、痛みを伴ってる事。
右後肢の痛覚は麻痺しているが、人間で言う甲にタコが有る事。
肝臓機能が低下している事。
歯槽膿漏による痛みが激しく、硬い物は食せ無い事。
蚤・ダニが寄生している事。
etc 様々な事が解ってきたんです。

引き取って里親探しをするには。。。
脳のCTスキャンし、脳の状態によっての治療を施す。
精巣の腫瘍に関しては、去勢を行う。
血尿の原因による細菌の種類に合った抗生物質を投与する。
抜歯をして、口腔内を洗浄する。
鎮痛剤を投与し、痛みを取り除く。
フロントライン etc で、寄生虫を駆除する。
狂犬病 etc の接種を行う。

最低でも、これだけの事を施さない限り、一時預かりをする事は不可能。
(他の子達に感染する可能性が有るから。。。)
そォ成ると、それだけの治療費が嵩んでいくし、何よりもワンchan
自身が苦痛な思いをしてしまう。。。
9月1日現在でも、痛みで啼き喚いてる状態。。。
苦渋の選択だけど...本当にそれで良いのか解ら無いけど...
早急に決断を下さないといけないと思いました。

恐らく、飼い主は現れないとも思いました。
状態からして、野良歴が長いか...
或いは、放置(虐待)されてたか...のどちらかだと
思われる程の状態でしたから。

無論、里親SANも見付かり難いと思いました。
24時間、面倒を見続けなければ成らないので、老齢の方には不可能だと思うし、
若年者でも睡眠不足が続いたら倒れてしまう可能性も有りますもの。
そォ成った時、その子の面倒を誰が看ていくのか?って事に成ってしまう。。。

私も長年、保護活動をしてきてるけど、やはり「好き」や「可哀想」ってだけぢゃ駄目!!
時間もお金も...そして、何よりも精神的に費やさないといけない...
現実は厳しい...って、再確認をした3日間でした。

彼は、モコchanと名付けられ、9月2日(金)PM8:30。。。
多くの方々に温かく見護られ乍ら、最期を迎えました(。>_<。)
何んともやるせません。

モコchanにとって、本当にこれを望んで居たのか?...
痛みを伴って居ても、自然死迄生きたかったのではないか?...
他にもっと良い方法が有ったのでは無いか?...
自問自答・・・後悔と自責の念に未だ駆られて居ります。
本当。。。情け無いですね( ´ 。 `;)


ニックネーム SNOW at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 【緊急】探して居ります! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする