2005年08月31日

交通事故に遭った老犬の飼い主SANを探して居ります!

8月30日(火)PM20:55頃に友人から、「犬が轢かれてるんだけど、どォしたら良い?」と連絡が入り、発見した私の友人とその友人、そして、たまたま通りがかってご協力下さった方と3人で岡山動物医療センターへ連れて行って下さいました。
(私は、遅れて行きました。)

急いで駆け付けたもので、『デジカメ』を持って無く、その子の撮影は不可能でした。。。
But,明日、経過を観に行く際に撮影し、詳細を再度、書き込み致しますので、もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報頂けると有難いです。

【保護場所】岡山市竹原(37号線を西大寺から平島へ向かって右手)中古車センター(名称は伏せますね。)の所です。
【特徴】痩せ細ってますが、『中型〜大型犬のMIX』『男の子(未去勢)』『茶と白の被毛』『推定14〜15歳』『首輪無し(以前にしてた形跡有り)』

取り急ぎで申し訳御座居ませんm(_ _)m

ニックネーム SNOW at 02:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 【緊急】探して居ります! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

開放的なのねぇ〜♪

今日、1日中(・・・と言っても、10時間位)、好きなだけ(?)ケージから開放し、室内で遊ばせてみた。。。
まぁ〜!逆に、大人しいのには驚いた >。O°< ビックリ!!
飽きたのか?母猫chanは、自らケージに入って眠っちゃうし。。。Zzz…(=´〜`=)。o○
この子達を見てると、本当に安らぐし、癒される。。。

ニックネーム SNOW at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ニャンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

時間が有りません!!!

http://blogs.yahoo.co.jp/inugahashiru/8247518.html

・・・・8<・・・・・コピペ・・・・・8<・・・・

沖縄保護団体の犬舎閉鎖、他の保護団体も保護犬でいっぱいの為受け入れが難しく、一時預かりボランティアさん達も手いっぱいの為、現状を考えるとレスキューしたくてもできないラブのオスがいます。無責任に保護もできない為、一時預かり、または里親さんを緊急に探しています。また、ステイ先が決まり次第飼い主への交渉へと踏み切りますので、飼い主の返事次第ではレスキューできないかもしれません。

その為、今回のレスキューうまく行くか行かないか、どれくらい保護までに時間を要するかわかりませんがその事に対して賛同してくれる一時預かり、または里親さんいないでしょうか??

個人ボランティアさんが何度か飼い方について、飼い主に忠告しましたが、かなり難しい方なので健全な飼い方までにいたりません。

この事を知り、何かせずにはいられません。だからと言って無責任に2匹も大型犬のいる我が家に迎いいれる事もできませんが他にできる事は協力したいと思います。

ワタシとボランティアさんに知恵と勇気を下さい。御願いします。以下ボランティアさんから転載した記事です。



犬の飼い方を考える
もう5年近くも前からこの犬のこの姿を見ています。
そばを通るだけで悪臭のするその場所は、夏場は西日があたって温度がかなり高くなると思われ、風通しも悪く暑さはひどいものだと想像できます。犬舎の出入り口は北側に面し、少し奥まっていて風が入ってくるとすれば冬の北風くらいでしょう。冬は冷たい北風が入り、冷たいコンクリートの床の上に寝るしかありません。
その出入り口から見える北側の風景は道路と、道路の向こうのコンクリートの壁、犬は西側の30cmほどの隙間から必死で外の世界を眺めます。
この1畳ほどの部屋で、何年間も、その犬は寝て、食事をし、排泄をし、そして一日中を一匹で過ごします。どんなに苦しいでしょうか。

この5年の間にどれくらい外に出してもらうことがあったのか、これまで一度も散歩姿を見たことはありません。いつそこを通っても一度もお散歩中でその部屋が空になったのを見たことはありません。飼い主がその犬に話しかけていたり、遊んでいてあげているのを一度も見たことがありません。

いつ見ても、遊べるおもちゃやかじる骨も眠る時の布も何もありません。ただコンクリートと鉄の壁と床、錆びた鉄格子だけです。大体水もからっぽで、床には糞がこびりついて犬はその糞尿を避けながら寝るスペースをとります。

近くまで行くと、いつもこの犬は尾をはちきれんばかりに振って、必死でわずかな隙間から顔を出そうと頭も横にします。
このスペースの中で歩いたり、走ったり、ジャンプしたり、体を上に伸ばしたり、そんな動物として当然の動きも制限されています。気持ちよい草の上や心地よいひなたぼっこも経験したことがあるのでしょうか。

いつ見ても一匹でただそこにいます。この写真を撮った時、糞尿の臭いのせいか消臭剤が2個ぶら下げられていました。糞尿の臭いと人工的な芳香剤の臭いがまざります。

犬だから平気なのでしょうか?犬は人間とは違って一生涯閉じ込められ運動もできず、ふれあいもなく生かされ続けても平気だと誰が証明したのでしょう。
怖い、寂しい、怒り、嬉しい、楽しい、愛する、人間と同じようなそんな感情をもっています。心臓、胃腸、血管、筋肉、骨、神経、哺乳類として人間とそんなに違いはありません。暑さ、寒さ、痛さ、そして心地よさを人間と同じように感じることができます。犬はロボットでも植物でもなく血が流れる生き物なのです。

ただ、このようなひどい扱いをされても訴える言葉を持たない、また主人を恨んだりしない、それだけが犬と人間との大きな違いなのかもしれません。

この犬は人や他の犬と一緒にいる歓びをどれだけ味わってこれたのでしょう。
これでこの犬は感情ある命ある生き物として生きていると言えるのでしょうか。

あと何年ここでこうして生きていくのでしょうか。この中で老いていくのでしょうか。
やっと外に出られた日は、既に歳おいて病気の身体をひきずっているのでしょうか。
それとも放棄されて外を味わうことなくそのままガス室へ送られるのでしょうか。
この飼い主は一体何のためにこの犬を飼っているのでしょうか。理解に苦しみます。

いつかここから出られて、草の上を思いっきり走ることができますように。
いつか愛情をいっぱい受けて人や他の動物と一緒にいることの喜びを思いっきり味わうことができますように。排泄物のないやわらかな寝床で安心してやすむことができますように。ひどい暑さや冷たい寒さにもうこれ以上と苦しめられませんように。
人になでられ抱かれる喜びを味わえますように。
人間がこの扉をあけてくれない限り、この犬は自分でここを出ることは決してできません。この扉を開けることはいとも簡単なこと、ほんの1秒でできること。
ただ、人間の無知、無慈悲、そして傲慢、そういうものによってこの扉は閉じられているのです。
ニックネーム SNOW at 02:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 緊急SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ 里親希望者への対応 ★

里親SAMAを募集する際、私が利用させて頂くのは『ネット上の里親募集欄への掲載をして頂く』『同じ様な活動を為さってる知人のHPで紹介をして頂く』『地方紙(有料・無料関係無く)の里親募集欄への掲載をして頂く』『ペットショップやホームセンターのペットコーナー・動物病院・動物霊園 etc にポスターを貼って頂く』『里親会へ参加をさせて頂く』 etc 御座居ます。

ネットやポスターですと、“詳細”迄記載出来るのであまり問題は御座居ませんが、地方紙の場合、字数が決まってる為、詳細を載せる事は出来ませんので、TELが入った際にお話をさせて頂いて居ります。

・・・が、本日、冷静を装うのに必死な問い合わせが有りました。

結構、地方紙の場合、閲覧為さる方が「早くTELしなきゃ、決まってしまう」と、早朝5時・6時頃のTEL問い合わせが多いんです(。−w−)zzz. . . (。゜w゜)ハッ!
...ので、仕事終了後のTELの出れる時間帯「午後7時以降に」との文面を、今回は入れて頂いたんです。

以前掲載して頂いた際に問い合わせの有った方から、本日、再度、ご連絡が入ったんです。
(ご本人は、私が同一人物だとは言うまで気付いて無かったご様子ですが。汗)

今回は、奥SAMAの方がTEL為さってこられたんですが、前回、旦那SAMAに申し上げた通り「我が県の県営住宅は、全て“ペット不可”」と決められて居りますと・・・暗黙の了解で飼われてる方々が多いのは事実ですが、それはアクマで住民同士の事で有って、県が許可してる事では無いので、お譲りは出来兼ねますとの旨を再度お話させて頂きましたが。。。まぁ〜!(吃驚)
口調が急変為さり(感情的に成ってしまわれたんでしょォ。)往生致しました( ´ 。 `;)フーッ!!
(前回は、朝に奥SAMA...そして、私が折り返しかけた際には旦那SAMAで、とても温厚な御夫婦の印象だったんです。)

実は、引っ掛かってたのは、『ペット不可住宅』って事だけでは無かったんです。

前回のTELの時点で、奥SAMAの方が「以前、家出をしてしまって」と仰り、「保健所へ問い合わせを為さったのか?」何処かの団体で保護されてるカモ?と...生後どの位で、毛柄や色、性別 etc の詳細をお伺いし、私が問い合わせてはみましたが該当する子は居らず。。。(数ヶ月も前ですので。)

アンケートでも「家出して帰って来ない」と...「希望種は“ヒマラヤン”or“チンチラ”」と記入されてたのに、その旨、再度ご確認すると「そんな事誰が言ったんですか!長毛だったんで、知り合いにあげたんです!」って・・・。
But,希望は『長毛種』???
辻褄が全く合わず・・・( ̄^ ̄)ウーン???

前回同様、「県営住宅は、基本的にペット不可ですので・・・」と丁重にご対応をさせて頂きましたが、「皆んな飼ってるんだから。。。」「管理人が了解してるんだから。。。」 etc 『でもね。でもね。』攻撃に遭い、最終的には「猫好きな人にあげないんだったら、地方紙になんか載せるな!」「こっちが貰ってやるって言ってるのに!」「私は東京出身だけど、やっぱりここは田舎ねぇ〜!」「そんなんじゃ、貰い手無くて当たり前!」とまで言われてしまいましたΣ( ̄ロ ̄|||)ナヌッ?!
( ↑ 私も出身は東京なんですけどね。汗)

『感情的』に成りそォな苛々を必死で抑え、「猫嫌いやアレルギー体質で困ってる方々が、やっとの思いでペット飼育不可の県営住宅の抽選に当たり、引っ越してみたは良いけど、隣近所に飼ってる方がいらっしゃった場合の事を考えた事有りますか?」
「○○県住宅供給公社業務部県営住宅課へクレームが入り、一斉調査に入った際、その場に居るペット達の事を考えられた事が、今迄に有りますか?」
「直ぐに、ペット可住宅に引っ越せますか?」
「大切な命なんですから“猫が好き”ってだけでは、飼えませんよ!」
「猫chanが大好きで、わざわざペット可住宅へ引っ越された方もいらっしゃる位なんですよ!」
「それでもご納得頂けないのでしたら、○○県保健所で毎週行ってる譲渡の日に伺ってみては如何ですか?」
「譲渡して頂ける様でしたら、私の見解・思考を改めて考えてみます。」
etc etc 話すのが必死でした...A=´、`=)ゞ

確かに、増えてきてるとはいえ、未だ×2、『ペット可住宅』が少ないのは現実です。
内緒で飼ってる方々も多いと思います。
But,見付かった際、その子の運命はどォ成るんでしょォか(; ̄^ ̄?
「ペット可住宅」を直ぐに探し、一緒に連れて行ってくれるのでしょォか?
それとも、辛くて苦しい「野良生活」を送らされるのでしょォか?
それとも、モガき苦しむ「殺処分」と成るのでしょォか?
それだけは、避けたい!と願い、先々までの事を考えて里親SANを選ぶ私が間違ってるのでしょォか?
皆SAMAは、どォお考えでしょォか?ご教示頂けると有り難いです。



ニックネーム SNOW at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆ 里親SAMA希望条件 ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不妊・去勢手術の必要性を理解して頂く事。

難しい問題ですよね。。。
只、不妊去勢手術を行って無いせいで...捨てられてしまう子達が居る事も事実ですものね。
手術する事の『メリット』を理解して頂ける事が一番なんだと思います。

雄猫の場合ですと。。。
“攻撃性”が低下し、性格が穏やかに成る。
“スプレー行動”の防止効果。
発情期に家を抜け出したまま帰って来無い、車の前へ飛び出して交通事故に遭うという事が減る。
他の猫と喧嘩をする事が減り、怪我をしたり、“猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)”等に感染する機会が減る。
前立腺や精巣等、生殖器の疾患を予防出来る。


雌猫の場合ですと。。。
望まない妊娠を防ぐ事が出来る。
発情期に大声で鳴いたり、家を飛び出したりという事が無く成る。
子宮蓄膿症・乳腺腫瘍を予防出来る。


よく「健康な子に麻酔をかけて、手術するのは可哀想」と仰る方がいらっしゃいますが、発情期の自然な行動を抑える方がどんなに猫にとって辛らく、多大なストレスがかかる事か。
又、生殖器疾患は生殖器が有る限り発生する可能性が有り、高齢に成れば発生率も高く成るんですから、若くて健康的な『リスクの少ないうち』に手術を受けるのか?高齢に成って疾患に罹ってから『リスクの高い状態』で手術を受けるのか?...どちらが猫の為に良いか言う間でも有りませんものね。


ニックネーム SNOW at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爪とぎ&猫じゃらしに夢中♪

2005年8月6日(No,2).jpg2005年8月6日(No,11).jpg2005年8月6日(No,12).jpg2005年8月6日(No,13).jpg

日毎に暑さが増してるにも関わらず...相変わらず、ニャンchan達は
エアコンフル稼働のお部屋で、元気に遊んで居ります。

猫の保護の大先輩にお教え頂いた様にしてみたら。。。
『爪とぎ』の躾...簡単に出来ました o(≧▽≦)o ♪

朝&晩・・・ケージから出すと、真っ先に爪磨きにいくのが、
母猫と白黒MIXです =ΦwΦ===∈(=⌒・・⌒=)w
キジトラとロシアンは、餌へまっしぐら(≧m≦)プッ!
食べ終わってから、爪とぎをガリガリトして居ります。

“猫じゃらし”は、皆、大好きで取り合いに成ります。
(人数分よりも多く有るんですが。。。汗)
本当、やんちゃし放題ですね ≡≡≡ヘ(=*⌒・・⌒*=)ノ

“人間ロッククライミング(?)”は、齧歯類のチンチラとは異なり、
爪が有る分、血だらけに成りますぅ〜☆⌒(*▽×)アイタタタッ!
「登るなら、そのまま肩まで登り切ってぇ〜!ズレ落ちないでぇ〜!」と
念願して居るんですが・・・無理のご様子( ̄(エ) ̄|||

ニックネーム SNOW at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニャンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

暢気なニャンコ一家♪└(=^‥^=)┐ニャ┌(=^‥^=)┘ハッ┌(=^‥^=)┐ニャ└(=^‥^=)┘ホホッ

2005年8月2日(No,8).jpg2005年8月2日(No,6).jpg2005年8月2日(No,3).jpg2005年8月2日(No,2).jpg

外は、ピーカン(←死語?)で・・・日差しが痛い位の暑さなのに。。。
24時間エアコンフル稼働の部屋で過ごしてるニャンコ一家は・・・
運動会 ε=ε=ε=ε=ε=(((=^・・^=) ⇔ 寝る (= ̄ρ ̄=)zzzz の繰り返し[壁] ̄m ̄)プッ!!
ニックネーム SNOW at 15:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ニャンchan日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする